素敵なアンケート

素敵なアンケート

素敵なアンケート

ある雑誌で夫の“見た目”について、女性約100人のアンケートが出ていました。

まったくもって私の事なのでびっくりしました。

Q1:夫の外見に関して、不満はありますか?

「はい」が60.4%で、「どちらでもない」が25.5%、「いいえ」は14.1%。

その理由は、「胴長短足」「わきがくさい。本人の自覚もなくやっかい」。

全く私の事。体型は日本の伝統を守っているんです。

Q2:夫の体形で嫌なのはどんなところですか?

もっとも多いのは「お腹がでている」。

テレビを見ながら、私の腹の脂肪をつまむ妻。

この脂肪がなくなったらさびしいと思うけど。

Q3:夫のファッションで嫌なのはどんなところですか?

「いつも同じ服」と無頓着ぶりが不満のよう。

奥さんと子どもの服を買う為に我慢しているのに。

Q4:外見に限らず、夫を「バカだなぁ」と思うのはどんなところですか?

「オヤジギャグをいう」、「ほめると調子に乗る」。

家庭を明るくするためにしているのに。

一見とても、夫にとって悲しいアンケート結果のようです。

でも、それほど落胆することではないような気がします。

奥さんが口では憎まれ口をたたいています。

しかし、そこには夫婦しかわからない奥さんの愛情を感じます。

お腹が出ているから安心して脂肪をつまんでいられるんですよ。

腹筋が6個に割れていて、体脂肪が1%だったら、逆に気持ち悪いと思いますよ。

夫がいつも同じ服を着ているから安心できるんです。

もし、夫が奥さんより娘よりオシャレだったらどうですか?

きっと、もっと嫌だと思いますよ。

オヤジギャクを言う夫をバカにできる家庭って素敵だと思いませんか?

そのような家庭ならば、不良な子どもにならないと思います。

ある意味、とても素敵なアンケートでしたね。

先送りの性格を直す

気の進まない仕事は、ついつい先送りしてしまいますね。

一回面倒くさいと思ったら、なかなかできませんね。

気の進まない仕事はいつかやろう、いつかやろうと思っています。

でも、なかなか手につかず、どんどん先送りになってしまいます。

そして、どんどん、気が重くなってしまいます。

そうなるとさらにやりたくなくなってしまいます。

私もその一人です。

気の進まない、嫌な仕事こそさっさとやってしまったほうがいいんですけどね。

この先送りしてしまう性格がなかなか直りません。

直したいなあとずっと思っていました。

すると、とても簡単な方法を見つけました。

早速、試してみます。

まず、今日やることを小さな紙に書き出します。

手帳や携帯電話とは別に「今日絶対にやる!」と決めた事を小さな紙に書き出します。

欲張りすぎずに多くても5個くらいに抑えます。

このリストは、前の日の夜か当日の朝一番に作ります。

次に、今日やることの右に、やり遂げた時のご褒美を書きます。

例えば、コーヒーを飲む、お菓子を食べる、などです。

これは無意識についついやってしまう事を意識した褒美に変えてしまうという事です。

そのリストをいつでも見れるように持ち歩きます。

そして、やってしまった項目は、二重線などで消していきます。

この消すのはちょっといい気持ちでしょうね。

今日やるリストは今日やる緊張感がないと意味ありませんよね。

だから、必ず今日やれるだけの数にして多すぎないようにします。

今日やることが急な用でどうしてもできないこともあります。

その時はあまり自分を責めない方がいいようです。

あまり、気にせず、また明日からやればいいわけですから。

「今日やることを書き出すだけ」というシンプルな工夫でも、仕事の生産性は驚くほど向上するらしいです。