結婚はお互いさま

結婚はお互いさま

結婚はお互いさま

20代~40代の男性に「結婚に嫌気が差した瞬間は?」。

このような聞き込み調査がありました。

我が家にはあまり当てはまらなかったのでちょっと安心。

○散らかっている部屋で堂々とくつろぐ嫁の姿を見た時。

これは嫌ですよね。私の妻はきれい好きです。

逆に我が家では散らかす私を妻が嫌がっています。

部屋が散らかされるとストレスがたまるといつも妻に叱られています。

奥さんが片付けられないことが理由で離婚に至ったというケースもあるそうです。

我が家では散らかす私が離婚されないように注意しないと。

○疲れて帰ってきてたのにグチばかり聞かされた時。

今回の調査で最も多かったのがこの意見。

グチを聞くのにはエネルギーがいるので、疲れて帰った時は勘弁してほしいです。

でも、我が妻はあまりグチらないので助かっています。

○お風呂上がりに裸のままウロウロしている時

常に女性を忘れないでいて欲しいという声らしいです。

我が家の妻は風呂上りに裸でうろうろしています。

私は全く嫌な感じはしませんけど。

女性を忘れたとも思いませんし。

家族だからいいじゃありませんかと私は思います。

ただ、風邪にならないようにと注意はします。

思いやりが一番大切なな夫婦生活です。

その思いやりを忘れた時が一番危険だということです。

どんな夫婦でも夫婦生活に嫌気がさした瞬間はあると思います。

夫がそう思う時もあるし、妻がそう思う時もあるはずです。

互いにそう思った時があるということを知ることが必要ですよね。

それを知った時に思いやりが出てくるのではないでしょうか。

夫婦生活を長く続けるには思いやりです。

大事なのは互いに「嫌気がさした時がある」と知ることです。

お互いさまだなと思う事が思いやりです。

脱毛 渋谷

出会った人は皆師匠

私たちがこの世に生れてから多くの人と出会います。

出会う人たちの縁には意味があると言われています。

自分とおなじたましいを持っている人と出会うらしいです。

嫌な人に出会えば、自分にもその部分があるということですよね。

鏡のように現れてきます。

自分の嫌なところはなかなか見えないので人を介して見せてくれているんですね。

この話を聞いた時、確かに心当たりがあります。

100人に出会えば、100人とも違う人です。

100人100通りの性格があります。

馬の合う人もいれば、苦手な人もいます。

出会った人のいいことも悪いことも自分のたましいに内存していることらしいです。

だから、出会うのです。

出会う必要があるので出会うのです。

出会いは偶然でなく、必然なのでしょうね。

必然ですから、出会った人はすべて自分の師匠なんですね。

出会いに何かの学びが必ず、あるんですね。

良き人からは良き事を学びます。

悪しき人からは自分にもその傾向があることの警告で学びます。

自分の中に悪しき部分がなくなったら、きっと悪しき人と出会うことはなくなるのかもしれません。

悪しき人が現れる以上はまだ自分がその悪しき人を引き寄せているんでしょうね。

一番苦手で嫌な人との出会いはその嫌なところを自分も持っているという事です。

自分では気がついていないだけです。

その人が大嫌いであれば、大嫌いなほど同じところを直さないといけないのです。

その人からいろいろ学んでいるといつの間にかその人が自分の前から消えることがあります。

それは学びを終えて、その人から卒業させていただいたという事ですね。

この世の修行のほとんどが人間関係の修行ですね。

人間関係の修行でたましいが磨かれていくだと思います。